お酒弱い 酒強くなる方法 酒強くなるには

お酒弱くて泣きたい…酒に強くなるには?お酒強くなる方法はある?

お酒が弱い人がお酒に強くなるには?

会社の飲み会や取引先の接待、それに結婚パーティのお呼ばれと、お酒が弱いのに飲まなくてはいけない時ってたくさんありますよね。ここでは、お酒を飲む機会が多いのに泣きたいくらいお酒が弱くてお困りの方へ、お酒に強くなれる方法をご伝授しましょう!これを読めばもう怖くありません。

 

1.日頃から体調を整えておきましょう

 

これは、お酒を飲む機会が多い人の基本です。いくらお酒に強い体質の人でも風邪をひいて熱があったり、睡眠不足だと酔いが回るのが早くなります。酒酔いのメカニズムを簡単にご説明すると、お酒を飲むとアルコールは肝臓で分解処理されますが、処理できなかったアルコールは血液に溶け込んで脳に到達し麻痺させるのです。つまり体調が悪い状態でお酒を飲むと、肝臓がアルコールを処理する能力が衰えていて、いつもより少ない量でもすぐに酔ってしまうのです。お酒に強くなるためには、酒酔いのメカニズムを理解し、日頃から体調を整えておくことが大切なのです。

 

2.空腹でお酒を飲まないようにしましょう

これもよく注意されますが、特にお酒が好きなくせにすぐに酔う人は、食べずに飲む人が多いですよね。乾杯の時も空腹なのに大ジョッキのビールを一気飲み。飲みだしたと思ったら「食べたら酒がまずくなる」なんて言って何にも食べません。

 

何かを食べてからお酒を飲むと、胃は先に入ってきた食べ物の栄養を消化吸収するのに忙しくてアルコールは後回し、結果的に腸にアルコールが流れるのが遅くなって肝臓のアルコールの分解作業にも余裕ができるという訳です。空腹で飲んだほうがお酒がおいしいのはよく解りますが、公的な場所でのお酒は酔わない方がいい場合も多いですからね。

 

以上、体調を整えておくことと、空腹でお酒を飲まないことはお酒の場に強くなる基本ですのでよく憶えておいてください。

 

3.お酒に酔いにくくなる食べ物とは

それでは、飲む前や、飲みながら食べるとお酒に酔いにくくなるのはどんな食べ物なのでしょうか。その条件はアルコールの体への吸収を遅らせ、肝臓の働きを助けてくれること。つまり、低カロリーで高タンパク質、ビタミン、ミネラルが多い食品です。

 

まず、飲む前に飲めば酔いにくくなると昔から有名なのが牛乳です。胃のぜん動運動を活発にし、乳脂肪がアルコールの消化吸収を抑えて肝臓の負担を軽くすることができます。それと「ウコン」です。ウコンに含まれているクルクミンは胃のぜん動運動を助けるばかりでなく、アルコールとアセトアルデヒドの分解を早めます。ちなみにアセトアルデヒドとはアルコールが分解された後にできる毒性の強い物質で悪酔いや二日酔いの原因になります。

 

それとお酒を飲みながら食べるのに有効な食品は、アルコールの分解に欠かせない必須アミノ酸を多く含む鶏肉や肝機能の働きをサポートするオルニチンをたっぷり含んだシジミ。海藻やゴマ、枝豆などの豆製品も効果的です。

 

4.酒類別、酔わないお酒の飲み方

飲み会やパーティで出されるお酒の種類。ビールにワイン、ウィスキーに日本酒、焼酎とさまざまですが、酒類別に酔わない飲み方を伝授しておきましょう。

 

まずは乾杯の時のビールやスパークリングワイン。一気に飲みたい気持ちはとてもよく理解できますが、炭酸ガスがアルコールの吸収を助ける作用があるので、空腹時の一気飲みは大変危険です。また、日本酒や焼酎に関しては、熱燗にした方が酔いが回りやすいのは確かなんですが、「あ、酔ってきたなぁ」と自分のペースを守ることができます。冷たいままだと、喉越しだけでがぶがぶ飲みすぎてしまうので注意が必要。そんな意味ではウィスキーも飲みやすい水割りよりはロックの方がいいかも知れませんね。

 

5.お酒を飲んだら水を飲むこと

アルコールを飲むとなぜトイレが近くなると思いますか?それはアルコールによる利尿作用です。そのため体は脱水症状を起こしていて、頭痛や吐き気など二日酔いの原因になります。ですから、時々肝臓を休憩させてあげたり、アルコールを薄くする意味でもお酒を飲んだら水を飲むこと。水を飲んで酒に強くなるコツは、酔いが薄いうちからこまめに水を挟むことです。ウィスキーやカクテルの横に水の入ったコップがあってもおかしくありませんよね。よく、酔いが回った後に慌てて水を飲んで酔いを醒まそうとする人がいますが、すでに手遅れです。大火事になってからバケツで水をかけるようなものですからね。

 

6.お酒を飲む時にタバコを吸うと酔いやすくなる理由

タバコを吸う方必見の情報ですが、お酒を飲みながらタバコを吸うと酒が余計に欲しくなって結果的に悪酔いしますので、くれぐれもご注意ください。と言うか、お酒を飲んでいるとタバコを吸いたくなるんですよね。気持ちはとてもよく解ります。ですがそれが落とし穴です。その理由はこんな感じ。お酒を飲む→脳に快楽物質ドーパミンが分泌される→酒を飲んでいい気分になり、同時に酔いが回ってくる→正常な状態に戻そうと自制心が働く→タバコを吸う→ニコチンがドーパミンの分泌を抑える働きをする→脳が快楽レベルを維持するためにアルコールの摂取を求める→酒を飲む→快楽物質が分泌される・・と、こんな負のスパイラルに陥っていまうのです。それに酒を飲みながらタバコを吸う人はおつまみもあまり食べません。考えたら体には一番悪いパターンですね。

 

お酒に強くなる方法のまとめ

いかがでしたか。お酒が強くなるためには、日頃からの体調管理が一番大切です。本来お酒が強い、弱いは遺伝による体質なので、カクテルを一口飲んでふらふらになる人が突然焼酎一瓶飲んでも平気なくらい強くなることなんて絶対ありえませんが、少なくとも酔いが回りにくくする方法はありそうですね。それにひょっとしたら体がお酒に慣れて本当にお酒が強くなるかも知れませんよ。次の飲み会、がんばってくださいね!

ホーム RSS購読